ボリビア奮闘記ー小学校の先生、ボリビアへ行くー

2018年1次隊青年海外協力隊、ボリビア派遣。三重県の現職小学校教員です。日本の勤務校の子どもたちに見てもらうため、これから青年海外協力隊ボランティアを目指す教員の方に見ていただくためにブログを書いてます。ボリビアでの生活、活動をどんどん紹介します!

任地132日目ー計画の説明ー

 

 

昨日はタジェール後、先輩隊員が家に泊まりに来た。

一人は残り半年の先輩、一人はあと一か月で1年になる先輩。

残り半年の先輩といろいろ話していて、いろいろと考えた。

 

私はあとのこり1年3か月。

あと1年3か月で何ができるのだろう。

何かここに残せるのだろうか。

1年3か月後には日本に戻る。

日本で使い物になる教師になれるだろうか。

先生たちと足手まといにならないだろうか。

今から心配しても仕方がないが、ずいぶんと子どもに対する感覚が鈍くなった。

 

今日は大事な日だった。

というのも、調整員さんが来てくださり、校長とカウンターパートと4人で話し合いがあり、その後先生たちへ活動の説明をするという日だった。

 

調整員さんとの話し合いはかなりスムーズだった。

とにかくカウンターパートがすごくいい。話が合う。これが私の救いである。

黒板の使い方のタジェールが気に入ったと言っていた。

 

ここからが辛かった。

どうしても先生たち全員に聞いてもらいたいと思い、会議をする場所で待っていた。

すると、

「まやの話が終わったら来るわ。聞きたくないし。」って一人の先生。

小声で言われても理解できる。

私だってスペイン語がわかる。

 

その後説明。一応担任団は全員いたはず。

まずは問題分析を一緒にしてくれたお礼を話した。

また、「私の計画ですが、これは私たちの計画ですよ」ということも伝えた。

 

その次は課題分析の結果について。

参加してなかった先生も半分いるから。

 

先生たちが考える課題、校長が考える課題、そして私が考える課題、すべてを合わせて計画を作ったという説明。

 

「子どもが悪い」みたいなことだけれど、それは私たちの目標設定や、教授法にも課題があるということだよねと言う話。

私の活動は主に3つの柱。

 

これはその3つの柱の一つひとつで、どんな活動をするのかの説明。

どの写真も顔が死んでいる(笑)おそらくあの小声にかなり落ち込んだんだと思う。

 

また、来年度からの研修体制についての話の際に、

「私は確実に2020年に帰国します。でもこの学校は続いていくし、先生方はここで働き続ける。私が帰った後も続くような活動になって欲しい。だから、2019年の間に体制を作って、それを引き継ぎたい。」という話をした。

うんうんとうなづいてくれていた先生が何人かいた。心強い。

 

その後質問を受け付けた。

やはり聞かれたのは「全員でするのか?」という質問。

「たしかに前任者は全員ではなかったかもしれない。でも、校長もわたしも全員でやっていきたいと思っている。子どもたちをさらに良くしていくためには、方向性を全員で決めてやっていくのがベストだと思う。」という話もした。

やはりここは全員の納得が得られないところなのかもしれない。

 

でも、異議はなかった。

ということは、やってもいいということだ(という勝手な解釈(笑))

ということで、私は校長とカウンターパートとともにこれでやっていく。

そこで「え、そんなの聞いてない」とか言われたら、

「出席していましたよね。異議はなかったと思います。」と言うだけである(笑)

 

明日から休みだと思っていたが、急に明日は会議が入った。

頑張ってすべて聞き取れるように頑張ろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

ブログランキング

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

任地131日目ー合同タジェールー

 

4600mのコンドリリまで行ってから、なんだか体調が悪い。

久しぶりに高山病のような症状。ラパス在住のくせに(笑)

 

 

本日は配属先のお休みをいただいて、ボランティアで合同タジェールをしてきた。

私は算数の導入や授業で使えるゲームの紹介。

80分と言われていたが、始まりが遅かったため(ボリビアタイム)、

40分になってしまった(笑)かなり急ぎ足でやった(笑)

 

初めての人数で緊張したが、先生たちは積極的に参加してくださった。

(というのも、ここの学校の校長先生はかなりの力のある人。タジェールも結構しているし、現在も私の同期が配属されている学校)

 

ということで、タジェールの紹介。

 

授業をする前に少し話をした。

「授業をするとき、子どもと関わるとき、どんなことを大切にしてますか?」という話。

「私は絶対忘れちゃいけないと思ってることがあります」ということでこの2つを伝えた。

・「勉強ってたのしい!」と思ってもらえるようにすること

・どんだけ勉強が分からない子、反抗的な態度の子がいてもあきらめないこと

「だって、子どもたちってみんな賢くなりたいって思ってる。もしそういう子どもたちがいるのならば、それは自分たちに何か原因があるかもしれないでしょ?」って。

「これまでに私を含め、みなさんは子どもたちとの楽しかった素敵な思い出があるはず。子どもたちも一緒だと思う。だから、もっともっと子どもたちと素敵な思い出を作るために一緒に頑張りましょう!」と。

また、

「私は一教員であって、これから話すことも一つの方法なだけ。子どもたちはそれぞれ特徴が違う。だから、必ず自分の子どもたちのことを考えてください。」ということも話した。これはいつもタジェールのときに言っている。

 

さて、本題へ。

「算数の時間は大まかに4つに分けられますよ」という話。

 

導入にもいろいろあるよねーと言う話。

 

ここからはいろいろ紹介。

まずは算数ゲームから。これは足し算ゲーム。

かけ算にも応用できますよーという話もした。

実際にやってみたら、みんな超盛り上がって止まらない(笑)

それがとてもかわいくて大笑いしている写真(笑)

 

お次はフラッシュカルタの紹介。

「作るのには時間かかるけど、作れば何回も使えるし、練習方法もいくつもあるよ!」という話。実際にやってみた。

 

端を切った方が、並べるときにやりやすいですよーとか、

 

テープを3回くらい重ねて貼るとめくりやすいですよーという話もした。

細かいけど、やっぱり具体的にできそうなことを伝える方が効果的だと最近分かってきた。

また、こっちには厚紙が売っていない。あってもこれは厚紙なのか!?という感じのもの。でもそれでも作ってみてできたから、ぜひやってほしいな。

 

その後は文章題で具体物使うと理解しやすいよという話。

実際にちょこっとだけ授業をしてみた。これは、児童役の先生が説明しているところ。

 

かなり急ぎ足でやったから、先生たちに考えてもらう時間がなかった。

でも終わってからフラッシュカルタに興味を持ってもらえたし、いい時間にはなったかな・・・と思う。

 

 

明日は配属先で活動計画表の説明。

すごく怖いが、頑張るしかない。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

ブログランキング

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

任地130日目ー会議ー

 

 

今日は朝から会議。

何時に始まるかわからないから定時に行く。

始まったのは10時45分。終わったのは2時半。

すごく疲れたけど、いい話もあった。

少し紹介。

 

 

<校長先生の話>

校長が先生たちへ

「花畑にある花はそれぞれ匂いが違う。それは子どもも同じ。」

 

「キオスコのジュースなどを同じようにいつも置いてあっても変わらない。毎年同じことをしていると集中はできない。少しずつ変えていくことが必要。」

 

という話をしていた。なるほどなーと思った。

(これ、私たちのタジェールでも使えそう!と思った(笑))

 

ectoescritura(識字学習)についての話

これについてはみんな心配しているらしい。

以前、テストがあったのだが、

主人公はだれ?とか一問一答形式の問題はほとんどの子ができるのだが、

論理的に書くというのが苦手と言うことが分かった。

聞いてて思ったのだが、国語でそういう力をつけるとかそういうことではなくて、

全教科全体でそういうことをやっていく必要があるなーと。

算数だけでなく国語も活動内容に入れようということなので、来年度までに要検討事項である。

 

 

<嬉しかった話>

校長が最後に

「みんな、まやと一緒に活動しよう。まやを助けよう。タジェールに参加しよう。」

と言ってくれた。

これが全員に伝わったかどうかは・・・多分伝わっていない。

でも、宗教の先生が私を見てにこっとしてくれた。

別に全員じゃなくてもいいやと思った。

まずは一緒にしてくれる先生からにしよう。

 

 

明日はボランティアが合同でタジェールをする。

80分できるかな・・・心配。

 

明後日は急に活動計画表についての説明を先生たちにすることになった。

パワポを作らねば。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

ブログランキング

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

初condoririへ!!!

 

 

今日は超早起きをして、コンドリリという場所へ!

コンドルが羽を広げたような形から名づけられたそう。

アンデス山脈にある山。

 

こんな場所!!!

これは携帯(huwawei)のパノラマ撮影で撮影。

携帯でこの美しさ。そして加工なし。

こんな場所を見たのが人生で初めて。

そして、この湖は標高4600mのところにある。人生初の標高。

これを見るまでにすごい辛かったけれど、すごく満足。

 

今回はツアーでの参加。

ガイドさんたち。写真たくさん撮ってくれた。

 

途中で降りた場所。なんとも美しい。

 

みえるのがコンドリリ!いざ、コンドリリへ!!!

 

バスで降りたところがここ。ここから、湖まで1時間はかかったなあ。

 

途中で雪解け水が待ってました。こんなにきれいな水を見たのは日本ぶり(笑)

 

ぐんぐん登っていきます。

このツアーの参加者はボリビアの人のみ。

 

リャマ、アルパカのう〇ちだらけ(笑)思わず撮ってしまった(笑)

 

途中でみえた湖。

 

途中でみえた滝。綺麗だった。

 

途中にロバもいた。帰りには荷物運びとして頑張っていたロバ。

 

もう無理・・・しんどい・・・と思いながら登り続けてようやく!!!

見えたー!!!

ここで食べたお弁当(ごはんと肉(笑))はおいしかった!!!

 

百均で買って持っていって、ずっと忘れていた国旗を使ってみた。

なかなかよき。他の隊員も使ってくれた。

 

なんかかわいい鳥が飛んでた!!

 

先輩隊員がドローンを飛ばしていた。欲しくなったが、日本では使えないし我慢。

 

カメラを岩に置いて自撮り(笑)

なかなかかっこいい写真じゃん(笑)

雲がほとんどなくて、空の青さ、湖のコバルトブルーが最高だった。

ちなみにこの湖にはトゥルーチャという魚がいるらしい。

 

また、さらに上に登ることができる。

が、標高は5000mを超えるため、かなりしんどい様子。

私はラパスに6か月住んでいるが、4600mの湖でかなり頭が痛くなった。

 

日曜日に出かけるなんて、最近本当にしてなかったから、とてもリフレッシュができた。

「コンドリリ」って調べてみると、日本人で行った人が少ないことが分かった。

ぜひボリビアに来た際には行ってみてほしい!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

ブログランキング

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

任地128日目ー任地で名前を覚えてもらえるということー

 

昨日は課題分析後、すぐに計画表の訂正をして調整員さん、校長、CPに提出。

月曜日にCPとともに校長のところへ行って考えをまとめた後、木曜日に調整員さんに来てもらうことになっている。

 

計画表というのは、任期終了までにどのような活動を行い、

それによってどんな効果を持てるようにするのか、

そして、どんな結果がでたら任務遂行と言えるのかというのが書かれたもの。

日本語で書くのも難しいのに、それをスペイン語にもして提出。

かなり大変な作業。

 

今日はゆっくり朝起きて、メルカド(市場)へ。

近くのメルカドは土曜日になると道端にも店が並ぶ。

今日初めて魚が売られているのを見て興奮した(笑)

しかし、鮮度は絶対良くない感じだったのでやめておいた。

魚、食べたい。三重県出身の私としては、魚をこんなに食べないなんて辛すぎる。

 

最近、メルカドで声を掛けられることが増えた。

しかも、「プロフェ!(先生)」とか「日本人!」とか「チナ!(中国人)」ではなく、

まや!!!

って。

 

私の住むアルトオブラヘスは小さな町。

今のところアジア人が住んでいる感じはない。

おそらく歴代の先輩隊員のみであろう。

 

そこで名前を覚えてもらって、たまごを10個買ったのに「1個おまけ!」って11個くれたり、「今日は何作るんだい?」って聞かれたり、「モンドンゴはね、これを入れるとおいしいよ!」とか教えてくれたり・・・。

そういう地域の人たちとの関わりが強くなっていくのは、やはり協力隊のいいところだよなあ。と思う。

 

ボリビアに来たころは、人種差別てきな発言を浴びせられることもあった。

でも最近は本当に少なくなってきて、

私を一人の日本人とかではなく、「マヤ」として認めてくれている感覚がすごくある。

 

これは旅行に来て味わえることではない。

ここに住んで、ここで活動をしているからこそ味わえること。

 

いい経験してるなあ。

 

明日はボリビアのある場所へ!

インスタで調べたけど、すごい景色のところ!!

一眼レフは充電完了、日本の国旗を使って写真を撮ろうと思って、それも準備完了。

 

・・・だが来週のタジェールの準備が一向に終わらない。

80分、算数についてのタジェール。

何話しようかなーというのがうまくまとまらない。

 

ブログ書く前にしろよ・・・という感じだが、息抜き(笑)

明日は早起きだーー!がんばるぞ!!!! 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

ブログランキング

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

任地127日目ー課題分析ー

 

また朝から寄ってきてくれたこいつ。

帰るころには超でっかくなってるんだろうなと思うと寂しい(笑)

今日は風が強くて寒くて震えていた。用務員さんもこの犬にベタぼれで、またそれがおもしろい。

 

 

さて、本日は先生たちと課題分析。

今日は9時から開始予定で、なんと9時15分には始まった!嬉しい!

結局は全員集まらなかったけれど、18人くらいの先生が集まってくれた。

 

 

まずは課題分析を一緒にやる意図から説明。

やっぱり何をするときも理由をまず最初に伝えている。

そうじゃないと、「なんでここにいるのか」というのがはっきりせず、雰囲気がだらっとする。

 

その次は、「私たちの強み、弱み」「子どもたちのいいところ、課題点」を出していった。

書記は先生二人に頼み、私は進行役に徹する。

「私はこういうところは良いと思うけれど、こういうところはだめかな」と言う話をほぼ全員の人たちがしてくれた。

何よりも嬉しかったのは、「子どもたちのいいところ」がたくさん出たところ。

 

撮影者はカウンターパート。たくさん撮ってくれた。ありがたい。

 

その次は課題点だけに注目して考える活動。

「たくさん問題がそれぞれ出てきたんだけど、実は関係性のある課題ばかりなんです」という話をして、例を提示。その後、実際に出てきた課題を「原因」「結果」に振り分けていった。

 

私は読んで理解するのに時間がかかる(笑)

すると先生たちは自分たちでどんどん「原因」「結果」に振り分けていく。

私がいなくてもどんどんやっていった。

 

できたのがこれ。

 

その後、

「たくさんの課題が出てきましたが、特に来年どこを中心にしたいか決めましょう」ということの話し合いに持っていった。保護者の問題も出てきたが、「まず、自分たちが解決できそうなこと、もっとよくできそうなことを考えましょうね」ということを話した。

 

そしてできたのがこれ。

終わってからカウンターパートと話したんだが、この前校長と3人で考えていた計画表はあながち間違いではなかったということ。

あの計画表で進めていけそうだ!!!

 

タジェールの後は恒例の記念撮影。

何が嬉しかったって、先生たちが自主的に活動をどんどんしていってくれたこと。

全員参加はやっぱりむりだったけれど、私にはこの先生たちがついているって自信が持てた。

また、これまでの4か月の自分の活動は間違ってなかったんだなと思った。

4か月、地道に先生たちと関係を作ってきたからこそ、今日こうやってみんなで課題を和やかな雰囲気で話せたんだと。

 

タジェール後は帰宅。

ボリビアの学校は、休みの期間中は、仕事が終われば時間だろうがなんだろうが帰っていいらしい。

日本もそれを取り入れてみてはどうかな?(笑)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia

任地126日目ー予定は未定とはこういうことかー

 

 

本日は全国道路封鎖&全国デモ。

テレビではマルチャ(行進?)の様子が映し出されていた。

私の任地では道路封鎖だけで済んだ。

学校帰りに歩いていると、ボリビアの国旗を持った人が歩いていた。おそらくマルチャ帰りだったのだろう。

そんな大きなことにならなくてよかったとほっとした。

ボリビアでは毎日どこかしらでデモが行われている。

「あぁ、またここでデモか」と毎日送られてくる安全情報を見ながら思っていたが、やはり自分の近くでデモや道路封鎖が行われると少し怖くなる。

日本とは違うこの環境に慣れてしまったが、「やはり危険はすぐそこにあるんだ」という意識で生きていこうと思った。

 

 

さて、本日は子どもたちが来ない。

朝行くと、用務員さんが飼い始めた子犬がてちてち歩いていて思わず抱きしめた。

狂犬病が怖くて、本当に犬嫌いになるかと思う日々であったが、最近はテレサの犬たちにも慣れてきた(笑)

 

今日は先生たちで会議。ただし、道路封鎖によりまったく集まらない。

ということで、こそこそと計画表をスペイン語訳して待っていた。

会議が始まったのは、予定時刻を2時間半過ぎたころ。

 

そこで私はかなりびびった。

「clausulaを木曜日から火曜日に変更します」

 

え。

clausulaはおそらく修了式てきな行事。

修了式を早くするって!日本ではない!!!

しかも火曜日はもともと別の学校でのタジェールが入っていた。

急な予定変更に先生たちはうんうん。の一言。

 

こっちへ来て、「予定は未定」という言葉を学んだ。

本の学校では年間行事予定がきっちりと決まっている。

だが、ここは年間行事予定を見ても何月にこれというのは決まっていても、日付まで決まっていない。

 

久しぶりにカルチャーショック。

 

また、計画表についてもいろいろあったが、ここに書くようなことではないので省略。

校長先生は初めてボランティアを受け入れるため、なかなかそこらへんが難しい。

でも、他の先生たちは良く知ってくれているし、テレサに話をしたら「大丈夫!」って言ってもらえた。よかった。

 

明日は先生たちと課題分析をする。いい会になるといいなあ。

 

午後からは2、3月のウユニ旅行の予約をした。

2月は新月あたりをめがけて一人で星空撮影会。

なんだか最近目に見えないストレスがたまりすぎて、はやく星空を見たい。

3月はエクアドルの同期が遊びに来るから、ボリビアの同期何人かも参戦予定。

ホテルも航空券も残り少なかった。

さすが繁忙期のウユニ。日本人ばっかりなんだろうなあ(笑)

 

 

また、ブラジルで日系社会ボランティアをしている大学の同期とメッセージのやりとり。

「いろんな辛抱力がついたけれど、これって日本で使うことないよね(笑)」という話(笑)

なんだかんだでいい経験をしているんだなー。

 

明日の準備、来週のタジェールの準備、がんばろう。 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

instagram : maya_bolivia

twitter : maya_bolivia